● MITメディアラボ石井裕教授 講演会のご案内/Lecture from Professor Ishii Hiroshi of MIT Media Laboratory
 
日本MIT会 会員各位    To MIT-J community
プログラム担当 Program  西田 忠康 Tadayasu Nishida

 
MITメディアラボ石井裕教授 講演会のご案内
Lecture from Professor Ishii Hiroshi of MIT Media Laboratory
 
日本MIT会と日本MITエンタープライズ・フォーラムは、デジタルハリウッド大学のご共催を頂き、MITメディアラボ副所長の石井裕先生をお招きして、情報系の文化風土の現況とユビキタスGUI (グラフィカルユーザインターフェース)を越える未来展望についてご講演を頂くことになりました。

石井裕先生は、NTTご出身でMITメディアラボに招聘されて以来15年余り、情報技術を取り巻くタンジブルユーザインタフェースの第一人者として先鋭的に活動を行って来られました。先生の、常に先進的ユーザ環境を見据えた将来展望と潜在事業の可能性については、世界の多くの識者の期待を集めています。 石井先生のご講演を皆様と共有できることは、大変意義深い事と認識しております。奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

MIT-J and MIT-EFJ are proud to invite Professor Hiroshi Ishii, Associate Director of the MIT Media Laboratory, to give a talk at a joint event co-sponsored by Digital Hollywood University. Professor Ishii will talk about the current state of the cultural climate of information systems and the future landscape that will emerge from the ubiquitous GUI (graphical user interface).

For the past 15 years, through his work at NTT and the MIT Media Lab, Professor Ishii has been radically active in his role as the recognized authority on tangible user interfaces in information technology. Many leading thinkers around the world have high expectations for his outlook on the future of the advanced user environment and its potential business applications. It is our great pleasure to share Professor Ishii’s lecture with you.  We hope many of you will join what is sure to be an interesting event.
 
講演は日本語で行われます。
Speech will be given in Japanese.
記 Note
 
主催: 特定非営利活動法人 日本MITエンタープライズ・フォーラム、日本MIT会
 
共催: デジタルハリウッド株式会社
 
日時: 2010年11月10日(水)18:30〜21:00  受付18:30〜
 
会場: デジタルハリウッド株式会社 デジタルハリウッド東京本校 
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg

     (JR「御茶ノ水駅」徒歩3分)
     http://www.dhw.co.jp/grand/access/

会費:  日本MIT会正会員:1,000円
     日本MIT会準会員、ゲスト:3, 000円
     申し込み方法は、MITホームページより
     下記の説明をご参考ください

Sponsor: MIT Enterprise Forum Japan (MIT-EFJ) and MIT-J
 
Co-sponsor: Digital Hollywood Co., Ltd.

Date:  Nov 10th (Wed) 18:30-21:00   (18:30 reception opens)
 
Place: Digital Hollywood Co., Ltd.        
    Digital Hollywood Tokyo School
    DH2001Bldg. 2-3 Kanda Surugadai Chiyoda District Tokyo JAPAN

    http://www.dhw.co.jp/grand/access/

Fee:    MIT-J Regular Member: 1,000 JPY
     MIT-J Associate member, guest: 3,000 JPY
     Please register via MIT-J web. Steps are described below
Photo credit: Webb Chappell .
 
<略歴>石井 裕 (いしい ひろし)氏

1956年東京生まれ。1978年に北海道大学工学部卒業、1980年に同大学院情報工学専攻修士課程修了、日本電信電話公社(現NTT)入社。ヒューマンインターフェースとリモートコラボレーション技術の研究に従事。1992年に北大から博士号取得。1995年にMITメディアラボに招聘され、直接操作・感知可能なタンジブルユーザインタフェースの研究を創始する。現在MITメディアラボ副所長、TTT(Things That Think)コンソシーム・コディレクター、タンジブルメディア
グループ・ディレクター、工学博士。2001年にMITからテニュア(終身在職権)を
授与され、2006年にACM SIGCHIよりCHI Academyを受賞


[Profile of Professor Hiroshi Ishii]

Born in Tokyo, 1956. He received B. E. degree in electronic engineering, and M. E. and Ph. D. degrees in computer engineering from Hokkaido University, Japan, in 1978, 1980 and 1992, respectively. Before receiving his Ph.D, he joined Nippon Telegraph and Telephone Public Corporation (currently NTT). His research there focused on human interface and remote collaboration technologies. He was invited to MIT Media Laboratory in 1995 to found a research group on tangible user interfaces that can be physically manipulated and directly perceived. He is currently the Associate Director of the Media Lab, the Director of the TTT (Things That Think) Consortium, the Tangible Media Group Director, and a Doctor of Engineering at the MIT Media Lab. In 2001, he received tenure from MIT, and in 2006, received the CHI Academy Award from ACM SIGCHI.

次第(予定) /Agenda (PLAN)

18:30〜 懇親会 / Networking with light food
 
19:15〜 開会の辞及び事務局報告 / Opening address and Report from MIT-EFJ
     

19:45〜  講演&質疑 / Lecture and Q&A
 
21:00    終了 / End
 
■講演概要:

情報生態系を支える水路網の劇的な構造変化、そしてその水路網を再編集されながら循環する情報水流の加速。これらの変化の先の未来を予測するベストの方法は、自分たちの手で未来を発明するこ。私たちメディアラボは、世界中の先進的な企業とのコラボレーションを創造のエンジンとし、未来ビジョンを創出・発信するために、ユニークな「独創・協創・競創」の文化風土を作り上げてきました。その中から生まれたのが、タンジブル・ビットです。人々が生涯を通じ物質的な世界と関わりあうことで育んできた豊かな感覚と能力を活かし、人間、デジタル情報、そして物理世界をシームレスにつなぐインターフェイスを実現することが、タンジブル・ビットのゴールです。本講演では、タンジブル・ビットのコンセプトとタンジブルメディアグループがデザインした多様なインターフェイス例をご紹介し、ユビキタス GUI を越える未来をご提案いたします。さらに MIT をとリまく「競創」の風土を生き抜く術についてお話させていただきます。
------------------------------------------------------------- 
<MIT卒業生(正会員・準会員・会員種類を選択していない方は自動的に準会員)の方の登録方法>

この度日本MIT会のホームページのリニューアルに伴い、パスワードの取得をお願い致します。次のURL(http://www.mit-j.org/pdf/inquiry_of_pass.pdf)にてパスワード取得方法についての説明がございますのでご参照のうえ、Webサイトより手続きをお願いします。なお、ログインのIDは日本MIT会へご連絡先としてご登録いただいたメールアドレスとなります。

WebサイトURL: http://www.mit-j.org/

パスワードを取得いただきますと、ご自身の情報の確認・更新、またそれらの情報を公開するか否かなどの設定が可能になります。是非一度ご確認くださいませ。

パスワード取得後、ログインし、イベントカレンダーをクリックし、当該イベントを選択ください。参加を選択して、その後、「確認」ボタンを押して、登録完了です。登録完了のメールが届かない場合、登録がされていません。

<ゲスト、他校の同窓生の皆様の登録方法>

参加希望の方は、MIT-Jイベント事務局のメールアドレス(event@mit-j.org)に以下の情報をお送りください。
 
  名前(日・英)(例:佐藤太郎、Taro SATO) :
  学校名、在籍期間、学位など(例:1990〜1994 Harvard University, Science, MS):
  懇親会(無料)の参加・不参加:

------------------------------------------------------------- 
<Registration for MIT alumni (regardless of membership type>

We have renewed the MIT-J home page and member’s site.  You will need to obtain a password through the process described at the following URL(http://www.mit-j.org/pdf/inquiry_of_pass.pdf). Login ID is the mail address you registered for MIT-J contact.

Web site: http://www.mit-j.org/

Once you receive your password, you can confirm and revise your profile information and make setting for which information to disclose. Please confirm that your profile information is correct and up-to-date.

Once you login with your password, please go to the event calendar and click this event. Then, click the “attend” button, and make sure to click “Confirm”.  Then your reservation will be completed. You will receive a confirmation e-mail. If you do not receive the confirmation e-mail, your reservation is not complete.

<Registration for guests and members of other schools’ alumni organizations>

Please send an e-mail to the MIT-J admin office(event@mit-j.org)to confirm that you want to attend the event.  Make sure to include the following information:

  Name:
  School, period of attendance, degree etc(example:1990〜1994 Harvard University, Science, MS):
  Will attend reception with buffet (included in registration fee):  Yes  /  No




*